1. | |
  2. |
  3. かゆみでお困りの方 |

皮膚科

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は、皮膚にかゆみのある湿疹が現れる病気です。湿疹は、顔面や口のまわり、上半身、手足などさまざまな場所で左右対称にみられることが多く、悪くなったり良くなったりを繰り返します。また、患者さんには気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎といったアレルギー体質の方が多くみられます。
▹皮膚搔痒症
▹じんましん
じんましんは、皮膚に赤く膨らんだブツブツ(皮疹)が現れる病気です。かゆみを伴うことが多く、膨らみはごく小さなこともあれば、からだに地図を描いたように広がることもあります。
▹乾癬
乾癬は、皮膚が赤くなって(紅斑)盛り上がり、表面に銀白色のフケのようなもの(鱗屑)ができて、ポロポロと剥がれ落ちる皮膚の病気です。紅斑の大きさは様々で、症状が進むと数が増え、紅斑どうしがくっつき大きくなることもあります。また、半数くらいに爪に異常がみられます。半数の方がかゆみを感じますが、全身への影響はほとんどありません。ただ、なかなか治りにくく、見た目も問題になります。
▹脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎とは、頭の生え際や、顔面などのあぶら分(皮脂)の多い部分に、黄色~銀白色のフケのようなものを伴った赤みが生じる皮膚炎です。かゆみを生じる場合もあります。
▹皮膚欠乏症
皮脂欠乏症は、皮膚の表面の脂が減少することにより皮膚の水分が減少して、乾燥を生じる病気です。症状がでやすい部分として最も多いのはひざ下(すね)です。その他、太ももや腰周り、脇腹などにもよくあらわれます。
▹手湿疹
▹痒疹
▹アレルギー血液検査
アレルギーってなに?
外から入ってきた異物を排除しようとする機能を「免疫」といいます。本来、細菌やウイルスから身体を守ってくれる大切なしくみである「免疫」ですが、食べ物やほこり・花粉など、身の回りにある、通常は体に害のないものに「免疫」が過剰反応してしまうことをアレルギーとよんでいます。
当院ではアレルギーの原因となることが多いアレルゲン39種類を一度に調べることができるアレルギー検査です。

受付時間

2F 内科・下肢静脈瘤

 9:00~12:30 -
15:00~18:30 -

水曜日は午前中9:00~12:30 午後15:00~18:00です。
土曜日は午前中9:00~11:45 午後14:00~16:45です。
※ 日曜・祝日は休診です。

3F 皮膚科

 9:00~12:50 -
14:30~17:50 - - -

※ 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日は休診です。

※ 2021.4.14(水)から、水曜日の午前診療を再開します。

内科は混雑情報システムで待ち時間を確認していただけます。 携帯電話からもご覧いただけますQRコードをご利用ください。

QRコード

アクセス

■電車の場合
JR横浜線、東急田園都市線「長津田」駅徒歩1分
南口を出て八千代銀行となりの長津田クリニックビル2階・3階になります。

■お車の場合
長津田クリニックビル専用駐車場地図当クリニックビル専用駐車場(無料)
あるいは長津田駅周辺の駐車場(有料)をご利用ください。駐車場に入って左折、No,4-8までが無料駐車場です。

Copyright (C)2006-2022 NAGATSUTA FAMILY CLINIC All rights reserved.